ふぁんたじすた

3年前から鬱になり、いまだ闘病中。サッカー、競馬、音楽、ゲーム、日々のネタなどなど、不定期に書いていきたいと思います。最近はMHP3(PSP)ばっかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

アグリ・・・

来期のF1シリーズ参戦にエントリー申請をしていた、鈴木亜久里氏が代表を務める「SUPER AGURI Formula 1」が、FIA(国際自動車連盟)発表の来期F1シリーズのエントリーリストから漏れた。
理由は「FIAへの供託金4800万ドル(約57億8000万円)の納付が間に合わなかったため」らしい。

これについて、亜久里氏は以下のようにコメントしている。

本日、FIAより2006年度F1世界選手権のエントリーリストが発表されました。私たちのチーム「SUPER AGURI Formula 1」の名前は、残念ながらリストに掲載されていませんでした。理由としては参加登録に関する手続きに関して不備があったためです。FIAとの協議のもとに、これを改め、参加登録申請をし直すことにいたしました。私たちの目標はあくまでも来年の開幕戦のグリッドに2台のマシンを並べることです。応援してくださっている日本のたくさんのファンのためにも、目標に向けて精一杯努力を続けて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。


まぁある程度予想はできたんですがね。
理由がなんにしろ、本当に来期から参戦できるのか。。。
金銭面で解決ができたところで、肝心のマシンがちゃんと用意できるのか、正直かなり怪しいと思います。
私としては、ムリに間に合わせて常に最下位争いをするようなら、1年間十分な開発、テストを行って、万全な体制で再来年のシリーズにデビューしてもらいたいなぁ。

どんな業界でも、開発&テスト期間が短いといろいろ問題は多発するもんですよ。笑
スポンサーサイト
別窓 | その他スポーツ | コメント:3 | トラックバック:1
∧top | under∨
| ふぁんたじすた |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。