ふぁんたじすた

3年前から鬱になり、いまだ闘病中。サッカー、競馬、音楽、ゲーム、日々のネタなどなど、不定期に書いていきたいと思います。最近はMHP3(PSP)ばっかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

シーザリオ、日米オークス制覇!

現地時間3日(日本時間4日)、米・ハリウッドパークで開催されたアメリカオークス(米G1 芝2,000m)だが、日本から参戦したオークス馬シーザリオ(Cesario 牝3:角居)が、1分59秒03のタイムで優勝した。同馬は、道中好位を追走。3コーナーで早くも先頭に並びかけると直線では他馬を突き放し、2着馬メリョールアリンダ(Melhor Ainda 牝3)に4馬身の差をつける圧勝だった。

シーザリオ

すげぇな、おい。勝っちゃったよ!
しかも4馬身差だって!
去年は桜花賞を制したダンスインザムードが挑戦して2着に敗れましたが、今年はオークス馬シーザリオがやってくれちゃいました。
これで日米オークス馬です。
(なんか不思議な響きだ・・・英愛オークス馬とかはたまに聞くけど。。。(ex.ユーザーフレンドリーとか))

日本馬がアメリカの重賞を制したのは1959年にハクチカラがワシントン・バースデーハンディを制して以来46年ぶり。
そしてアメリカのG1を制したのは初の快挙です。

これでシーザリオは6戦5勝。
唯一の敗戦は桜花賞の2着。
でもこれはしょうがないところもある。
勝ったラインクラフトが強かったし、血統的にもラインクラフトはマイラーっぽい。
(実際マイル以下しか走ってないし、マイルG1を2勝してるし・・・)
一方シーザリオは父スペシャルウィーク、母父サドラーズウェルズだから、どう見ても中距離からクラシックディスタンスのほうが向いてそう。
レースも、猛烈に追い込んでわずかに届かずアタマ差の2着。負けてなお強しって感じでしたから。

今後シーザリオはどうするのでしょう?
秋は日本に戻ってくるのか、それとも欧州に挑戦するのか。
まぁ日本に戻ってきたとしても、今の日本の競争日程は古馬牝馬にはつらく、3歳時に活躍した牝馬にとって古馬になってからいい条件で出走できるレースが激しく少ないため、
現役を続けるならば海外に行って欲しい気はしますが・・・。

アメリカオークス全着順
着順名前英語表記タイム/着差
1シーザリオCesario1.59.03
2メロールアインダMelhor Ainda4
3シンハリーズSinghalese1.1/2
4ルアスラインLuas Line1
5スリーディグリーズThree Degreesハナ
6メモレッテMemorette1
7シルヴァーカップSilver Cup2
8スウィートファイアバードSweet Firebird1.1/2
9イスラコジーンIsla Cozzene1
10ザッツホワットアイミーンThatswhatimean3
11シルクアンドスカーレットSilk And Scarlet4
12ハロウドドリームHallowed Dream2.1/2
ルーヴァンLouvain出走取消
スポンサーサイト
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ロナウジーニョ、バルサと終身契約!? | ふぁんたじすた | ジグソーパズル>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| ふぁんたじすた |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。