ふぁんたじすた

3年前から鬱になり、いまだ闘病中。サッカー、競馬、音楽、ゲーム、日々のネタなどなど、不定期に書いていきたいと思います。最近はMHP3(PSP)ばっかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

クローゼ、フェアプレー賞受賞

ブレーメンのドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ(26)がドイツオリンピック委員会制定の「フェアプレー賞」を受賞した。(日刊スポーツより)

選出の理由は、4月30日の第31節ビーレフェルト戦で自らが転倒して得たPKに対して「自分が倒れただけで、PKではない」と審判に申告。
PKと相手選手への警告を取り消させたからだそうです。

私、ちょっと感動。。。(゚ーÅ)ホロリ
最近PKをもらうためにエリア内でダイブする人、多いじゃないですか!?
クローゼの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたくなります。笑

エリア内じゃなくても、時間稼ぎのためにちょっとしたファールで骨でも折れたかのような痛がり方をする選手もよく見かけます。
今年のJリーグ開幕戦、鹿島vs浦和の試合が地上波で放送されたので見たのですが、
ガッカリというか、怒りすらおぼえるシーンがありました。

前半、鹿島FW鈴木の挑発に乗った浦和DFアルパイが退場に。
そして鹿島が鈴木のヘッドで先制した後の、前半残りわずかのころだったでしょうか。
浦和サイドでハイボールを競り合った、ある鹿島DFが倒されました。
ファールすら認めてもらえないほどの接触。
試合はそのまま流れて、浦和のゴールキックになった時点で止められました。
相変わらずピッチで悶絶する鹿島DF。
担架が用意され、ピッチサイドに運ばれました。
審判の笛が鳴り響き、試合が再開されたそのときです。

あれだけ長い間転げまわってた人が、ピッチサイドを鹿島陣内に戻るためにダッシュしてるじゃないですか!!

相手ボールで試合が再開したわけだから、早く自分のポジションに戻ってディフェンスしたい気持ちはわかります。
でもアナタ、さっきまで立ち上がれないほど痛がってなかったっけ!?(怒)

ピッチサイドで治療して治ったの?

担架下りた瞬間ダッシュしてましたよね!?(激怒)

鈴木の挑発やら、このDFの行為やら、正直この試合の鹿島にはウンザリでした。
マリーシアと言われればそうかもしれませんが、あまりに度が過ぎてるのではないかと。

ファンが見たいのはこんな試合ではありません。
勝ちにこだわりすぎて、こんな試合を続けたら、ファンの心は離れていくのではないのでしょうか。



ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
ちょっと感情的になっちゃいました。
気分を害したらスイマセン。
でもたとえ負けても「いい試合だったな」と思える試合をしてほしいものですね。

最後に受賞したクローゼのコメント。
「プロ選手というのは多くの子どもや若者にとっての模範なんだ。
 子どもたちがフェアプレーを貫いても勝つことができるんだというのを見せることは、非常に大事なことだ」

スポンサーサイト
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<赤はどっちだ!? | ふぁんたじすた | 浦和がフィーゴ獲得!?続報>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| ふぁんたじすた |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。